化粧品の選び方

ケアニキビケアには保湿が大切です。化粧水や乳液、保湿クリームなどでケアを適切なケアを心がけましょう。

しかし、同時に気をつけておきたいこともあります。ニキビができた肌は、皮脂のバリア機能が低下している状態にあるので、あまり刺激の強いものは避けたほうがよいということです。

たとえばアルコールやオイルが含まれた化粧品は、ニキビがひどいときには使わないほうがよいでしょう。特にオイルが肌に残ると、ニキビの雑菌が繁殖しやすい状態になります。

また、ニキビは毛穴の炎症でもあるので、消炎作用のある化粧品を使うのもよい方法です。スキンケア用コスメの多くには、ビタミンcが配合されていますが、これには消炎作用とともに、抗酸化作用もあります。状態改善を望む方は、ビタミンc誘導体が含まれたものを選ぶと、効果がより期待できるでしょう。

最後に、良い化粧品を選んだ後は、つけ方にも注意しましょう。普段コットンを使っている方も、ニキビがあるときはコットンは避けます。肌への刺激になるからです。

パッティングもやめて、化粧品は清潔にした手のひらで押すようにして浸透させることが大事です。正しいケアで、肌にバランスを取り戻し、きれいな素肌を目指しましょう。


関連記事

  1. ニキビの原因は乾燥肌
  2. ニキビと皮脂の関係
  3. 大人ニキビを防ぐには