大人ニキビを防ぐには

肌の乾燥が、皮脂の過剰な分泌を引き起こすことがあります。皮脂が多くなったからといって、間違ったケアをせずに、正しいやり方で肌のバランスを取り戻しましょう。

まず心がけるのは、保湿をしっかりとすることです。どうしても肌がべたついていると、皮脂を拭き取ったり、洗い流したりしたくなるものですが、それでは状態はなかなか改善されません。

洗顔洗顔は余分な皮脂を洗い流さないように注意しましょう。熱いお湯はよくありません。なるべく水か、ぬすめのお湯がおすすめです。洗顔料も、必要のないときは使わないようにしてみてはいかがでしょうか。朝やメイクをしない休日は、水かぬるいお湯だけの洗顔でも充分に汚れは落ちます。

また、洗顔の後はいつもの化粧水、乳液とプラスして、保湿クリームを使うとよいでしょう。よく、ニキビができたからといって、クリームをやめる人がいますが、これでは肌の乾燥がひどくなるだけです。

肌表面の水分は、クリームの油分できちんとふたをしておきましょう。皮脂が果たす役割を、クリームで補佐するというわけです。角質層がしっかり潤えば、過剰な皮脂の分泌も落ち着きます。ほかにも、乾燥しがちな室内では加湿器をつけたり、スプレータイプの化粧水を持ち歩いたり、できることはたくさんあります。

また、インナードライ肌のように内部まで化粧水が入らない状態の人などは、角質層にまで水分が届くようなケアをしたほうが良いかもしれません。そして浸透した水分が保持されると理想的です。自分の肌質によってケア内容は変わってきます。まずは自分の肌としっかり向き合って自身の肌が必要としているケア方法を見つけだしましょう。

参考/みんなの肌潤糖
繰り返すニキビ肌向けのケア化粧品です。


関連記事

  1. ニキビの原因は乾燥肌
  2. ニキビと皮脂の関係
  3. 化粧品の選び方