ニキビと皮脂の関係

ニキビ過剰に分泌された皮脂は、ニキビの原因になります。皮脂は、毛穴の奥で分泌されますが、あまりに量が多くなると、うまく表面に排出されず、毛穴を詰まらせてしまうことになるからです。ニキビの初期の段階は白っぽい色をしていますが、これは詰まった毛穴に雑菌が繁殖し、白く化膿した状態なのです。

通常であれば、皮脂は毛穴を通して肌の表面に出て、肌を覆うバリアのような役割を果たします。紫外線のダメージを軽減したり、水分の蒸発を防いだりと、皮脂は本来肌にとってなくてはならないものです。

ニキビができると、ついさっぱりと皮脂を洗い流してしまいたくなりますが、それはかえって肌の乾燥を引き起こす原因にもなりかねません。角質層が乾燥すると、肌は防衛機能を働かせ、皮脂の分泌をさらに活発にしますから、肌のべたつきが余計にひどくなる可能性があります。

皮脂が過剰に分泌される10代ならいざ知らず、大人になってからのニキビケアには保湿が一番大切です。肌がべたべたした状態で、保湿をするのは勇気がいるかもしれませんが、まずは根本からの解決を試みましょう。

保湿をしっかりとして、肌の表面のバランスを整える。そうすれば、肌は皮脂を過剰に分泌する必要がなくなり、べたつきもおさまります。


関連記事

  1. ニキビの原因は乾燥肌
  2. 大人ニキビを防ぐには
  3. 化粧品の選び方